人口1,000人の村の「全ての人が笑顔になれる奇跡の村を創る」物語

【徳島県】KITO DESIGN HOLDINGSグループ
過疎高齢化が進む徳島県那賀町木頭地区において様々な事業展開し、人口1,000人のまちで奇跡を起こそうと地方創生に取り組んでいます。

自己紹介/事業紹介

私たちが地方創生に取り組む徳島県那賀町木頭地区は西日本第二の高峰であり日本百名山の一つである剣山など標高1,000mを超える山々に囲まれ、那賀川が中心を流れる山間地域で、那賀川の下流地域の城郭・殿堂の建築用材に使用する良材を搬出していたことから「木の頭(かしら)」の意味として木頭(きとう)と呼ばれるようになりました。昔から林業の盛んな地域であり「木頭杉」は良材として地域の人々の生活を支えてきました。

また、木頭は冷涼で昼夜の寒暖差が大きく、降水量も多い非常に農業生産に適した気象条件であるため、昭和42 年頃より本格的に柚子の栽培に取り組み始めました。木頭果樹研究会を中心とした農家のたゆまない努力が実を結び、昭和53 年に農業の発展と地域社会の向上の功績が認められ「朝日農業賞」を受賞しました。この受賞により「木頭柚子」は全国に名が知られるようになりました。平成29 年には農林水産省より地理的表示保護制度であるGI マークの登録がなされました。KITO DESIGN HOLDINGSグループは木頭で触れ合う人・山・川・空・星・柚子が遠くなつかしい記憶をよみがえらせる。木頭を愛する心、大自然のなかで育まれた温かい人々・文化・伝統。わたしたちは、これらの宝物を磨き続け自然との共生をテーマに、木頭で暮らす人、訪れる人、全ての人が笑顔になれる、奇跡の村を創造します。

人材を募集する案件の内容/理由

①私たちが取り組んでいる地方創生事業において、最も重要であるのが人材の確保と人材の育成であると感じています。現在も事業拡大を進めておりグループ内の人材の管理、資金面の管理など統括を行うリーダーシップをもった人材を求めております。

②弊社グループ会社のひとつであるCAMP PARK KITO株式会社ではキャンプ場内に併設しているカフェ&レストランで調理を行っていただける料理人を募集しております。100人規模で研修を行える研修棟の建築を進めており、8月に利用の開始を予定しております。また、研修棟にはハイグレードな客室を設ける予定であり、ルームサービスなども検討しており、地元の素材を使った料理などを提供していただける人材を求めております。

具体的な業務内容

①グループ内各社の売上や経費など、各社からの数字の確認を行う経理面の管理。人材採用から入社手続きや給与計算の資料の提出など労務管理を行っていただきます。

②グループ会社であるCAMP PARK KITOの施設内にあるカフェ&レストランにおいて宿泊のお客様、お食事に訪れるお客様への料理の提供、接客、店舗運営を行っていただきます。

私たちがつくりたい社会/未来

毎日の暮らしを守り、大自然の中で文化・人・生活を未来へと紡いでいきたい。仕事・生活・教育・文化・観光を常にクリエイティブに、木頭から世界の人々のために発見・発信・発展を続け、木頭で触れ合う人・山・川・空・星・柚子が遠くなつかしい記憶をよみがえらせる。
木頭を愛する心、大自然のなかで育まれた温かい人々・文化・伝統。わたしたちは、これらの宝物を磨き続け、自然との共生をテーマに、木頭で暮らす人、訪れる人、全ての人が笑顔になれる、奇跡の村を創造します。

企業・団体情報

企業・団体名 KITO DESIGN HOLDINGSグループ
設立日 2017年9月1日
企業所在地 徳島県那賀郡那賀町木頭和無田字イワツシ5-23
代表者名 藤田恭嗣
従業員数 43名(うち正社員25名)
売上高 368百万円(2019年8月期)
事業内容 KITO DESIGN HOLDINGSグループは様々な事業を展開し過疎化の進む地域の地方創生事業を手がけています。
・特産品でである「木頭ゆず」の栽培、加工品販売事業
・キャンプ場の運営
・買い物難民支援、次世代育成のためのコンビニの運営
業種 地方創生事業
ホームページURL http://kito-dh.jp/

募集条件等

求人形態 正社員
募集する人材像/スキル ①グループ全体の経理・総務
②キャンプ場レストラン料理人
期待すること ①経理・労務管理などグループ全般の管理
②キャンプ場内カフェ&レストランでの料理
報酬・活動支援金・謝礼 実績などにより要相談
マッチングプロセス 弊社が手がける全体構想などの詳細な説明を行い、関心があれば面談を行わせていただきます。
その他 ②については8月以降の採用となります。

プロジェクトリーダーのメッセージ

経営企画室室長 仁木基裕

私たちは木頭で生まれ育った社長の故郷を思う熱い思いの元に集い、いろいろな地方創生事業を展開しています。これまで決して平坦ではありませんでしたが、ゆずの栽培・加工販売会社を設立し、キャンプ場や地元の念願であったコンビニをオープンさせました。地域の特産品である木頭ゆずを軸に、町の有休地を活用し地域の課題を解決をしていきながら、少しずつ地域が変わっていく姿をともに築いていきましょう。

仕掛け人からの推薦メッセージ

「四国の右下」若者創生協議会 武市 瑞紀

田舎ならではの暮らしや伝統を後世につなぎながら、那賀町に未来をもたらす会社です。田舎暮らしをしながら、田舎の強みを生かしたクリエイティブな仕事ができるチャンスです。

お問い合わせ先

「四国の右下」若者創生協議会
takeichi_mizuki_1@pref.tokushima.jp

面談の仮予約ができます。仮予約後に日程確認の連絡が入ります。