教育、人材育成をキーワードにしたまちづくりに参加する若き力を募集中

【徳島県】牟岐町
牟岐町内での人材育成を通じた関係人口拡大を実現するため、大学生と行政・地域との間に入り、大学生主体の活動が円滑に実施できるようコーディネートするとともに、学校教育や社会教育をサポートします。

自己紹介/事業紹介

私の学生時代は、埋蔵文化財の発掘調査と考古学の研究に明け暮れる生活でした。大学卒業後、希望に反して家庭の事情から故郷である徳島に帰県し、徳島県庁の職員として31年間勤務しました。県庁在職中は、同じ部局に留まることなく、様々なセクションで仕事をさせて頂いたことから、行政のことについてはよく理解しているつもりです。在職中の2013、2014年に高校生対象のサマースクール(HLAB)の政策立案に関わり、そのことがサマースクール開催地である牟岐町とのご縁の始まりです。2017年3月に県庁を早期退職し、牟岐町でこの仕事を始めました。

牟岐町では、一般社団法人HLABが運営するサマースクールや、学生NPO法人ひとつむぎの中高生に対するキャリア教育支援、複数の大学がフィールドワークに訪れるなど、過疎地でありながら長期休暇中を中心に多くの大学生が活動しています。大学生の主体性を尊重しながら、地域の人材育成や活力に結びつけていくためには、行政、学校、地域住民との間に入りコーディネートする存在が重要です。また、社会の変化に伴い、小中学校の教員だけでは対応が難しい事象も増えています。当法人では、こうした隙間を埋める取組を行うことで過疎地における教育の可能性を広げていきます。
大学時代にこの町で活動した若者たちは、この町にとって大切な財産です。これを関係人口として生かす取組も当法人のミッションです。

人材を募集する案件の内容/理由

牟岐町では、6年前に開催された高校生対象のサマースクール(HLAB TOKUSHIMA)を契機に教育支援等の活動を行う大学生の数が増えています。こうした他地域からの大学生の自主性を損なうことなく、地域のニーズにあった活動を円滑に進めていくためには、大学生と行政、学校、地域との間に入り中間支援を行う組織が必要となりました。そこで2017年12月に当法人を設立し、学生NPO等の中間支援を実施しているところです。今年度からは、牟岐町の総合戦略の中に関係人口拡大が位置づけられ、当法人では大学生を中心とした若者を対象とした関係人口創出に力を入れています。

現在、新型コロナウィルス感染拡大に伴いリアルな人の動きは止まっていますが、精神的なつながりを持ちたいとの欲求は高まり、オンラインによって時間、距離を乗り越えられる社会的な条件が整いつつあります。学校や社会教育というリアルな現場にオンラインを足し込むことで、過疎地で学ぶことがハンディキャップではなくストロングポイントにしていくことを目指しています。そのためには、柔軟な発想を持つ若手人材を必要としています。

具体的な業務内容

牟岐町内で教育支援等に関わる大学生(団体、個人)の活動が円滑に実施できるよう、行政、学校、地域との連絡調整にあたります。また、大学生等の若者が関係人口として牟岐町に貢献してもらえる企画を考え運営にあたります。新型コロナウィルスの流行に伴い、分断された人間関係をリアル、オンラインの両面からつなぎ直し関係人口の拡大を図ります。地域行事への参画を通じて、地域に貢献していきます。

私たちがつくりたい社会/未来

都市部に集住する社会から、地方に分散して居住、あるいは地方と都市部の垣根がない条件で仕事ができる社会を目指します。そのためには、人材への投資が重要であると考えます。地方と都市部の教育機会に格差を減らしながら地域に根差した探究的な学びを獲得できる環境を実現し、人口が減少しても、そこに居住し関わる人材の質を徐々に向上させることにより、日本の地方に新たな可能性をもたらせたいと考えます。

企業・団体情報

企業・団体名 牟岐町
設立日 1915年11月10日
企業所在地 徳島県海部郡牟岐町大字中村字本村7番地4
代表者名 町長 枡富 治
従業員数 116名(83名)
売上高
事業内容 キャリア教育支援事業
・大学生主体のNPO法人や地域人材などと連携した、地元の子どもたち(小中高生)へのキャリア形成支援(キャリア教育)プログラムの企画及び運営支援
・地元小中学校の総合学習等の支援
・関係人口・拡大事業の企画提案及び中間的支援
・ICTを活用した教育交流事業支援並びにWEB事業の調査研究
業種 地方公共団体
ホームページURL https://www.town.tokushima-mugi.lg.jp/

募集条件等

求人形態 地域おこし協力隊
募集する人材像/スキル ・年齢が20歳から概ね35歳で過疎地におけるキャリア教育支援に興味がある方
・NPOの事務(経理、広報)に関心・情熱がある方
期待すること ・大学生と行政、学校、地域の間に入り活動が円滑に進むようコーディネートする。
・学校教育、社会教育のプログラムに参画する。
・オンラインでの企画を提案、運営する。
報酬・活動支援金・謝礼 ・牟岐町の臨時的任用職員として1年間採用し、勤務実績や活動状況等から最大で3年間まで更新可能。
・報酬額は月額150,000円(社会法保険料等自己負担分を含む)。
・週5日勤務を基本とし、年次休暇等あり。
・社会保険あり、住居は牟岐町が準備。
マッチングプロセス 希望者とオンラインでの事前面談のうえ、希望者に応募手続きを提示する。
その他 上記事前面談の内容等を踏まえ、適宜相談に応じる。

プロジェクトリーダーのメッセージ

教育次長 久岡 稔生

本町では人口減少をはじめとする社会全体の大きな変動に対応するため、町内の小中高生を対象に学校での学びプラスαの「主体性・協調性・コミュニケーション力・郷土愛」の基盤形成を目指し、大学生NPO法人、地域の皆さん、学校、行政と協働でキャリア教育事業を進めています。
大学・高校のない本町ですが「子どもが変われば地域が変わる」、「地域が変われば子どもが変わる」を合言葉に協働で子どもたちの成長を促してみましょう。

仕掛け人からの推薦メッセージ

「四国の右下」若者創生協議会 武市 瑞紀

牟岐町は教育に熱心で、行政、学校とも外に開かれ自由に挑戦できる環境が魅力です。地域の方は子供や若者を応援しようという気質があります。近年は、この町で活動する大学生が増えたことで新たな可能性が生まれています。地域に必要とされていることが実感できるやりがいがある仕事です。

お問い合わせ先

「四国の右下」若者創生協議会
takeichi_mizuki_1@pref.tokushima.jp