道の駅日和佐で新商品開発・情報発信!やることいっぱい挑戦者募集中!

【徳島県】株式会社 道の駅日和佐
徳島県の右下で地域密着を目指す道の駅日和佐。第3ステージとして新商品の開発、WEB販売等に取り組むため、地域おこし協力隊員を募集します!

自己紹介/事業紹介

美波町は徳島県南部に位置し、海亀が上陸する海岸と四国霊場23番札所薬王寺がある観光と信仰の町です。道の駅日和佐は、23番札所薬王寺から徒歩5分程の国道55号沿いにありJR牟岐線阿南室戸シーサイドラインの日和佐駅西口と陸橋、自由通路で結ばれた利便性の良い道の駅となっています。

一般小売業として、地域の特産品(農産品・水産品・畜産品・加工品・工芸品)等を販売しており、大量仕入れ大量販売というノウハウはありませんが、日々地元の生産者から届く産品は新鮮で目新しい物でいっぱい。季節感あふれる売り場は地元の住民だけではなく、町外・県外のお客様にも人気の道の駅です。

私たちは大型商業施設やスーパーマーケットと肩を並べるのではなく、地域の魅力を最大限に生かす事を目的として活動しており、特産品の開発にも積極的に取り組んでいます。また、道の駅は休憩所や情報発信、地域をつなぐ発見の場であり、災害時の応急に対応し復旧を手助けする施設としての役割を果たさなければならず、今後の運営に欠かせないこれらの機能を目標ではなく、確実に実行するための方法を模索中です。

人材を募集する案件の内容/理由

1.特産品の開発
・海産品(伊勢海老・アワビ)、農産品(きゅうり・椎茸)、工芸品(陶器)の各業種の強みを活かし売れる品物を作る。
・売れ筋となっている品物の強化を業者さんと共に進めて双方の信頼を高める。(ブラッシュアップ)

2.情報発信
・現時点での弱みである情報発信を強化する。(SNS・ブログ、インターネット販売)
・ポイント会員さんへの情報発信。
・商品の魅力を伝える方法を探る。

3.年間を通じた催しの開催
・JA・漁協の取り扱う季節の目玉品を共同でPR・販売。(全国道の駅連絡協議会の、広域に渡る連絡網を販売につなげられる様な方法を探る)

以上、現状では機能出来ていない事案でありますが、始めるきっかけとしては理解しやすい方法であるのではないかと考えております。販売イコール物作りでもあり原料があり加工を経て商品となります。規模の大小は関係なく、気づきと行動がすべての始まりであり、最初のスターターが優位になることはいつ行動できるかによって決まってくるものだと思います。取り組みは早くなければ旬を過ぎてしまうため、現在考えている事が評価に去らないかも知れませんが、その都度修正を試みて目標に向かって行きたいと考えています。

具体的な業務内容

1.新たな商品開発
原料を提供していただける業者・生産者さんは確保できており、商品開発を行ううえでの試作と実験は出来る環境があります。農水産物で新規の商品を生み出すことは試行錯誤の連続ですが、一方でやる気のエネルギーを高めてくれるものであると思っています。

2.情報発信及びインターネット販売
SNS等を活用した情報発信やデータを分析するスキルを持つ者がいないため人材を求めています。

私たちがつくりたい社会/未来

未来では机の前ではなく、ソファーに腰掛けパソコン・スマホ片手にテレワークを行っている生活様式が思い描かれます。そのような環境の中での生活にも、衣食住は欠かせません。必要なものを手に入れる手段としてのITや精密ロボットもそれ自体は物を生み出すことが出来ず、食に関して言えば、命を支ええる重要な源である食品は、人による関わりの中から生み出されるものです。私たちのような地方は、豊かな環境が資源であり誇りであります。そこから生み出される恵みを、都市の台所として供給する機能を持ち続ける事が、地方での雇用と収入を得られる方法ではないかと考えます。

企業・団体情報

企業・団体名 株式会社 道の駅日和佐
設立日 2004年12月15日
企業所在地 徳島県海部郡美波町奥河内字寺前493-6
代表者名 代表取締役 影治 信良
従業員数 11人
売上高 1億8,000万円
事業内容 ・特産品の他業種間共同開発
・年間を通じたイベント開催
・農家さんの開拓
・情報発信(メディア、SNS、ブログ)
・ポイント会員様への情報発信
・生産者様一押し商品のブラッシュアップ
・POP等のデザイン向上
・災害時対応マニュアルの作成
・重点道の駅候補を目指した企画
・店頭販売の補助
業種 サービス業
ホームページURL http://mitinoeki-hiwasa.com/

募集条件等

求人形態 地域おこし協力隊
募集する人材像/スキル ①やる気がある方
②人と関わる仕事がしたい方
③挑戦することが好きな方
期待すること 道の駅は地域の魅力を伝える玄関口となります。新たな商品開発や情報発信、賑わいづくりや地域産業振興、防災拠点など取り組むべき課題は多く、新たな企画提案をお願いしたい。
報酬・活動支援金・謝礼 美波町地域おこし協力隊報酬に準じます。
マッチングプロセス 面談前の現地でのお試しなど対応します。
その他

プロジェクトリーダーのメッセージ

道の駅日和佐 支配人 網干 和義

道の駅日和佐は、一般小売業として商品を販売していますが、大型スーパーと肩を並べるのではなく地域の特産品(農産品・水産品・畜産品・加工品・工芸品)を通して地域の魅力を最大限感じていただくことを目的に運営しています。また、休憩所や情報発信、地域をつなぐ発見の場であり、災害時には応急対応し復旧を手助けする施設としての役割をも果たさなければならず、今後の運営に欠かせないこれらの機能を目標ではなく、確実に実行するために新たな人材を必要としています。私たちと道の駅第3ステージとしての活動を一緒にやってみませんか。

仕掛け人からの推薦メッセージ

「四国の右下」若者創生協議会 武市 瑞紀

高齢化率が45%を超える美波町では、今後も人口減少の進行が予測されています。この現実をしっかりと受け止め向き合いながら、人口が減少する過疎の町であっても内外から人材が集まるにぎやかなまちを目指すため「にぎやかそ」を宣言しています。人口という「数」だけを捉えて、人口減少がネガティブに捉えられる中、ここにしかない地域の魅力を武器に「にぎやかそ」に挑戦する道の駅日和佐を推薦します。

お問い合わせ先

「四国の右下」若者創生協議会
takeichi_mizuki_1@pref.tokushima.jp

面談の仮予約ができます。仮予約後に日程確認の連絡が入ります。