移住就農で農業の振興 ~農業イノベーション 若い力で100年後も続く産地に~

【徳島県】海部次世代園芸産地創生推進協議会
促成きゅうりを核とした地方創生を目指して ~「きゅうりタウン構想」実現に向けた取組~

自己紹介/事業紹介

平成27年に「海部次世代園芸産地創生推進協議会」を設立し、地方創生の実現に向け、特産である「促成きゅうり」を核とした施設園芸を「海部の強み」として活かす10年構想「きゅうりタウン構想」を推進。

・新たにきゅうり栽培に取り組む新規就農者を育成する「海部きゅうり塾」の開催
・県内発となる「養液栽培」への取り組み。また、「養液土耕栽培」への挑戦
・篤農家の「匠の技」と先進の「複合環境制御技術」を組み合わせた栽培技術の導入などにより「もうかるきゅうり経営」を実現し、移住就農による地域活性化を目指す。

協議会構成員
・海部郡3町(美波町・牟岐町・海陽町)
・かいふ農業協同組合
・徳島県南部総合県民局

人材を募集する案件の内容/理由

きゅうりの産地として知られる海部郡では、県南の温暖な気候と冬期日照量が多い自然条件を活かし、促成きゅうり栽培を続けてきたが、少子高齢化の波によって年々担い手が減少し、生産農家数はピーク時の4分の1まで落ち込むなど厳しい状況となっていた。

促成きゅうりについては、これまで景気低迷や重油高騰の影響など施設園芸存続の危機もあったが、地域が一体となって、築いてきた栽培技術は、全国的にもトップクラスとなっている。しかし、儲かる品目となっている一方で、暑いなかでの作業や収穫が続くなど、きつい作業等が多いため、近年、新規いはじめる若者は少なかった。

このため、特産物である「促成きゅうり」を魅力ある経営とすることで、担い手の確保と栽培面積の拡大等を図り地域の活性化に繋げるため、就農を希望する若者の移住と育成を進めて産地再生を図る「きゅうりタウン構想」の実現を目指すこととした。

具体的な業務内容

・「海部きゅうりライフの魅力」で移住就農者の確保
・新規就農者及びきゅうりヘルパーの育成
・産地面積拡大と新規就農者の自立・栽培技術向上に向けた取り組み
・オクラ・菜の花などによる海部地域全体の活性化促進
・実験ハウスでの研究開発

私たちがつくりたい社会/未来

「きゅうりタウン構想」を核に地域活性化を目指し、農林水産業を「若者と女性」、「都市と地方」そして「消費者と生産者」の総合的な視点において、新しい農業を提案し、海部地域と同様、全国において衰退する多くの地域に活力と元気を与えるものとする。

企業・団体情報

企業・団体名 海部次世代園芸産地創生推進協議会
設立日 2015年6月23日
企業所在地 徳島県海部郡海陽町牟岐町中村字本村5-2
代表者名 会長 濵﨑 禎文
従業員数 5名
売上高 12,100,000円(2018年度) 塾修了後1年目の粗収入
事業内容  平成27年に「海部次世代園芸産地創生推進協議会」を設立し、地方創生の実現に向け、特産である「促成きゅうり」を核とした施設園芸を「海部の強み」として活かす10年構想「きゅうりタウン構想」を推進。
・新たにきゅうり栽培に取り組む新規就農者を育成する「海部きゅうり塾」の開催
・県内発となる「養液栽培」への取り組み。また、「養液土耕栽培」への挑戦
・篤農家の「匠の技」と先進の「複合環境制御技術」を組み合わせた栽培技術の導入などにより「もうかるきゅうり経営」を実現し、移住就農による地域活性化を目指す。
業種 農業
ホームページURL http://www.jakaifu.jp/index.php

募集条件等

求人形態 その他
募集する人材像/スキル ・きゅうり栽培に興味があり、農業で独立し就農したい方
・なるべく夫婦(又は家族)で就農できる方
期待すること ・農業の基礎知識ときゅうり栽培について座学・実習により習得し、独立し就農すること。
・ベテラン農家や協議会の支援を受けながら、また先輩塾修了生との関わりを持ちながら、海部地域に慣れること。
報酬・活動支援金・謝礼 特になし
マッチングプロセス 入塾までに、面談・ハウス見学・きゅうり作業を体験してもらいます。
その他

プロジェクトリーダーのメッセージ

海部次世代園芸産地創生推進協議会 会長 濵﨑 禎文

「海部の魅力」での移住と「儲かるきゅうり」での就農に加え、これまで培われた栽培技術を更に魅力あるものへと”新たな挑戦”も合わせ、きゅうりタウンと他産地との地域の枠を越えた交流もしてもらいたいです。
農業が初めての方でもカリキュラム式の無料講座で、ベテラン農家や協議会関係者を講師に1から勉強でき、移住についてのサポートも地域との連携で応援しています。
農業での生計をお考えの方きゅうりタウンでお待ちしております。

仕掛け人からの推薦メッセージ

「四国の右下」若者創生協議会 武市 瑞紀

海陽町は、温暖で暮らしやすい気候と海・山・川・滝と美しい自然が自慢の町です。田舎で農業を営みたいけれど、1人で農業を一から始めることに不安のある方、海部きゅうり塾であなたの夢を叶えませんか。きゅうり栽培の先輩たちが全力であなたをサポートします。

お問い合わせ先

「四国の右下」若者創生協議会
takeichi_mizuki_1@pref.tokushima.jp

面談の仮予約ができます。仮予約後に日程確認の連絡が入ります。