奄美で450年以上続く神を招く祭礼「秋名のアラセツ行事」のPRサポーター募集!

【鹿児島県】奄美大島 龍郷町
国指定重要無形民俗文化財「秋名のアラセツ行事」は、奄美最大級の水田を誇る「秋名」が舞台。行事に欠かせない稲作農家が年々減少する中、稲作を継承していくために世の中へ行事の価値と魅力を発信するPRサポーターを募集します。

自己紹介/事業紹介

E'more秋名(いもーれあきな)は、奄美の豊かな暮らしぶりを地域資源を活用しながら将来へ継承していくことを目指して住民有志が立ち上げた団体です。空き家を活用した一棟貸し2棟の運営を皮切りに集落内を拠点に暮らしぶりありのままの体験型観光を展開、今年度は新たに飲食事業の立ち上げも進めています。
過疎が進んでいた地域で老若男女が力を合わせながら、地域と連携した地域課題解決に取り組んでいます。

人材を募集する案件の内容/理由

E'more秋名が拠点を構える秋名・幾里(いくさと)集落では、450年以上受け継がれてきた伝統行事「秋名のアラセツ行事」が地域の誇りであり象徴です。

かつて、集落が賑やかだった時代は、多くの人手で大変な力作業が伴う準備を集落住民のみの手で行われていました。しかし、若者が減った現在では集落外からのボランティアも呼びかけながら準備が行われ、外の力にも支えられています。

そして、この行事では、奄美最大級の水田を誇るこの集落で取れた稲藁が使用されており、稲作の継承は、行事の生命線でもあります。E'more秋名では、地域の暮らしぶりを残すべく、2018年から体験型観光などを活用した仲間づくりを通して、地域課題解決への貢献を目指していますが、稲作農家の高齢化が進行し、稲作継承に待ったなしの状況の中、さらなる仲間が必要と考えています。

そこで私たちは、この行事の価値と魅力を発信してくれるPRサポーターを募集することにしました。
稲作継承には、稲作による農業所得など様々な課題があり、農家の担い手づくりの観点だけではなく、これまでにないより広い視野であらゆる角度からの解決策が必要です。
PRサポーターがアラセツ行事の価値と魅力を世の中に発信し、行事に対する応援や協力の輪を拡げていくことを通して、多くの仲間とともに前例に囚われない解決策を生み出していきたいと考えています。

具体的な業務内容

オンラインでコミュニケーションを数回とりながら、奄美の暮らしぶりを学んでいただきます。
行事の準備段階(9/12頃)から秋名に滞在していただき、地域側として準備作業に関わりながら、行事、そして稲作に携わる方々との交流を通して、行事と稲作の関係性、行事の価値と魅力を体感していただきます。
その後、PRサポーターとして行事継承の課題解決に向けた仲間作りの発信媒体(SNS、ブログ、Youtube等)を制作していただき、継続的な発信をお願いします。

※発信するコンテンツや運用については、PRサポーターとともに協議のうえ決定します。
※コロナの収束目処が立たない、行事がコロナの影響で開催されないなどの場合は、オンラインで行事の様子や暮らしについて共有しながら、発信方法について相談させて頂きます。

私たちがつくりたい社会/未来

かつてはどこでも受け継がれてきた「その土地らしい」暮らしぶり。それが都市化、人口の一極集中が進んだ現代では暮らしの平準化が進み、その土地らしい暮らしぶりは珍しく、非常に尊いものになりつつあります。奄美、琉球、薩摩と様々な時代を経て形成された奄美にしかない豊かで尊い暮らしぶりを豊かな自然とともに絶やすことなく、将来に受け継いでいきたいと願っています。秋名だけに残ったこの神を招く祭礼を継承していくことが、奄美らしさを将来に残していく鍵になると思っています。

企業・団体情報

企業・団体名 一般社団法人E'more秋名
設立日 2018年11月15日
企業所在地 鹿児島県大島郡龍郷町秋名1767−1
代表者名 代表理事 村上裕希
従業員数 2名
売上高 非公開
事業内容 奄美の豊かな暮らしぶりを継承し、地域資源を活用した観光等による関係人口作りを通して、50年後も子供たちが住みたいと思える地域づくりを目指す住民有志が設立した社団法人。
・観光事業(宿泊/飲食/体験プログラム等)
・空き家利活用、空き家バンク運営、移住定住支援
・地域おこし協力隊中間支援
業種 サービス
ホームページURL https://e-akina.com/

募集条件等

求人形態 プロボノ・ボランティア
募集する人材像/スキル ・情報発信媒体(ブログ、Youtube等)の制作経験のある方
・私たちの活動に共感頂ける方
・人と関わることが好きな方
期待すること 自発的に情報発信コンテンツの企画から発信までを進めて頂き、継続的に行事を応援お願いします。
報酬・活動支援金・謝礼 ・原則、金銭による報酬なし
・奄美で採れた野菜や果物などのお裾分け
マッチングプロセス ・書類選考
・面接(複数回になる可能性があります)
※面接は、Skypeなどオンラインのみです。
その他

プロジェクトリーダーのメッセージ

代表理事 村上裕希

縁もゆかりもなかった奄美、自分のルーツでも生まれた場所でも親戚もいないこの場所で、人生で最も生きがいとやりがいに満ち溢れた毎日を過ごしています。これもすべて、魅力的で豊かな奄美の暮らしとそこで暮らす人々が与えてくれたものだと思います。日本有数の自然だけでなく、日本有数の暮らしぶりがここにはあります。この魅力を体感し、継承に一役買いたいと言ってくれる仲間と出会えることを楽しみにしています。

お問い合わせ先

【奄美大島】龍郷町
yuki.murakami@e-akina.com

面談の仮予約ができます。仮予約後に日程確認の連絡が入ります。