【青森県】NPO法人プラットフォームあおもり

【プラットフォームあおもりは青森県の社会インフラになります】
仕掛け人からのメッセージ

青森県には、個性的で競争力のある農水産物と、それを生み出す豊かな大地と自然環境があります。私達はこの「次の世代に渡したい地域の宝」に新しい価値を加え、世界のフィールドでブラッシュアップしながら、次の世代につないでいくために活動しています。

仕掛け人の米田 大吉です!

2011年にNPO法人プラットフォームあおもりを設立し、この3月で8年目を迎えました。地域で暮らす人たちにとって、避けて通れない大きな課題が、人口減少対策であるという認識を持ち、青森県の婚活事業をはじめ、県内市町村の移住や空き家対策の事業・企業の人材確保支援や新規事業参入の支援事業・学生のキャリア形成支援事業などを県内全域で展開しています。また、企業の海外(EU)進出を支援する株式会社も、この春に設立しました。学生時代と新卒の社会人時代を東京で過ごしているUターン組です。

私たちが、紹介できるフィールド!

『なんぶ農援』は地域特産の「妙丹柿」を使った商品を、イタリア・トリノのシェフと共同開発してEUに進出することに取り組んでいて、若い専務の右腕を探しています。この企業のインターンシップ情報・採用情報のほか、立地する青森県南地域18市町村の「お試し移住」「地域おこし協力隊募集」情報などもお知らせします。

イチオシ案件!

妙丹柿を世界に売りだせ!

対象となる方

学生・社会人

詳細内容

なんぶ農援が立地する三戸郡の農家の庭には、妙丹柿という品種の柿の樹がよく見られます。妙丹柿は干し柿だけでなく塩漬けにするなど、昔から伝わる独特の食べ方も残っていて、大切にされてきました。しかしながら、高齢化に伴い、樹を切ってしまったり、収穫しないで実を放置する農家も出てきました。なんぶ農援では、この妙丹柿を活用し、開発した商品をEUの販路で売り込んでいく「Local to Localプロジェクト」に取り組んでいます。

コーディネート団体紹介

団体名:NPO法人プラットフォームあおもり

団体住所:青森市新町2-5-4 スペースMOMO2階

URL:http://platform-aomori.org/

担当者:米田大吉(よねただいきち)