【鳥取県】鳥取面白求人/学生人材バンク

日本で一番出番がある県が生み出す、面白い人が関わるプロジェクト
仕掛け人からのメッセージ

仕掛け人の中川玄洋です。鳥取県は山陰地方の右側。全国でもっとも人口の少ない県です。スタバよりすなば、星取県など面白い取り組みも始まっており、魅力的な企画と人が多い土地です。しかしプレイヤー、サポーター不足は否めません。ポジティブに捉えれば参加の余白が多いということです。私も大学在学中にその余白に飛び込み、NPOを創業し現在に至っています。私たちおススメの余白を持っていきます。

仕掛け人の中川 玄洋です!

1979年静岡県生まれ、鳥取大学への進学をキッカケに鳥取の地を踏みました。2002年の大学院在学中に団体を立ち上げ、鳥取県内に大学生の農村ボランティア派遣を行う仕組みを確立しました。現在は県内30地域に延べ500名のボランティア派遣を続けています。中にはそのまま地域に移住した若者もいます。2008年NPO法人化しました。現在は鳥取県内の地域おこし協力隊の後方支援や、中小企業への長期実践型インターンシップのコーディネートなどを行っています。 近年では、学生時代に鳥取で農村地域のプロジェクトを経験した卒業生が鳥取の中小企業に就職したりするつなぎ役なども務めており鳥取県内に関係者が40名以上暮らしています。

私たちが、紹介できるフィールド!

鳥取県の中小企業は、企業の雰囲気も働く人も素敵なのになかなか大学生の目に留まらない企業があります。人事担当者は、大学生の率直な声を聞く機会が限られています。そこで、大学生と地域企業の緩やかな接点づくりを担う企画をインターンシップ生と進めていこうと考えています。
https://www.project-index.jp/intern/18028

イチオシ案件!

林業を軸にした里山保全スキルで食っていく人募集

対象となる方

山仕事に興味がある人、林業や椎茸生産などに興味がある人。地域の人と一緒に里山管理をやってみたい人。

詳細内容

鳥取県内の林業を軸とした里山保全(森林整備や椎茸生産)を生業として、生きてみたい人を地域おこし協力隊の制度を活用して募集します。場所は鳥取県内の複数自治体(予定:智頭町、日野町)です。まずは先輩移住者に話を聞いてみませんかという視察ツアーを計画します。

コーディネート団体紹介

団体名:NPO法人学生人材バンク

団体住所:鳥取市湖山町北1-427-1

URL:https://www.jinzaibank.net

担当者:中川 玄洋(なかがわ げんよう)