【宮城県】株式会社ワンテーブル

被災地から世界へ復興の発信と現地で奮闘する人々に希望を与えていこう
仕掛け人からのメッセージ

私たちは3.11の震災を経験しました。 最も大切にしなくてはならないもの。それは尊い命です。当たり前だった豊かな日常を失い気づかされたことは、地域コミュニティの疲弊や水なしで備蓄食料を食べられない現実。 私たちはこの経験から命を豊かにするための新しい事業を創出し創造的な地域づくりに貢献することを考え、現在は5年間保存可能で栄養価が高く水なしで食べることができる備蓄ゼリーの開発に成功しました。今後は宇宙食、医療食といった分野の新しい産業へ挑戦します。 被災地から世界へ力強い復興の発信を今回参加者の皆様と描いていければと思います。

仕掛け人の島 憲一です!

宮城県出身。高校卒業後上京し飲食業に従事。銀座・赤坂の老舗でサービスを学び、新店舗の立ち上げやレストランウェディングのプロデュースを経験しました。2010年に地元の宮城県に戻り震災をうけて改めて食の大切さ、人とのつながりの有難さを実感しました。震災から2年後に立ち上げられた、6次産業と福祉事業を運営する「東北復興プロジェクト」に入社。 現在は株式会社ワンテーブルで被災地の町おこしや防災の新たなプロジェクトに携わっております。

私たちが、紹介できるフィールド!

被災地の本当の復興に向けて地域貢献や今後の防災システムの構築に興味・意欲のある方。
具体的には今までの縦割りの防災システムに対して弊社の新たな提案や、取り組みに共感していただける方。
JAXAとの防災宇宙食プロジェクトや新しい防災備蓄食の開発、営業など事業拡大に伴い、前向きでチャレンジャー精神をお持ちの方。
被災地の町おこしや活性化に興味がある方。
まずはお気軽にお問い合わせください。

イチオシ案件!

”被災地から新しい世界基準の防災システムを発信する”尊い命を守るための新しい産業造りに興味のある方を募集します。

対象となる方

防災に関する事業創造に関心がある方。宇宙・食・医療・福祉・教育分野が抱える問題解決に意欲のある方。

詳細内容

会社の経営資源を最大化しカタチにしていける方。
既存事業の改革や既存事業のマネージメントを通じて最大化できる方。
商品開発(健康食品)、食品製造加工、営業、渉外等の経験者。
地域の町おこしのプロデュースに興味のある方や現在携わっている方。
事務的に裏方で会社を支えることが得意な方も募集してます。

コーディネート団体紹介

団体名:株式会社ワンテーブル

団体住所:宮城県名取市杜せきのした5-31-11

URL:https://www.onetable.jp/company

担当者:島 憲一(しま のりかつ)