【新潟県】新発田市役所

「地域で生きる」地域密着型の地域おこし協力隊募集!
仕掛け人からのメッセージ

全国で活躍する「地域おこし協力隊」。新発田市では「地域で生きる」をテーマに、地域密着型の地域おこし協力隊を募集しています。鳥獣害問題、高齢者の閉じこもり、除雪、農業の担い手、伝統文化の継承…地域によって課題は様々です。地域の家に住みながら、おばあちゃんの話を聞き、地域の住民と一緒に将来を考える、そんな活動を大切にしています。担当地域の元気づくりに、3年間地域とじっくり、しっかり関わってみませんか。 まずはどんな地域や課題があるのか、お話しできたらと思います。ブースでお待ちしています。

仕掛け人の関川 美樹です!

新潟県新発田市生まれ、新発田市育ち。幼少期は、祖父母についていって畑や田んぼで遊んで育ちました。 大学では法社会学を学び、地域の組織や暮らしに興味を持つようになりました。卒業後は地元市役所に就職、 自治会支援などの業務を担当する、市民まちづくり支援課に所属しています。地区組織の活動を支援する地域協働推進事業や、自治会活動の支援に従事し、地域が抱える課題の解決のための業務に取り組んできました。 平成28年度からは、地域に都会からの人材を受け入れる「地域おこし協力隊」を導入し、現在、市内で6人の協力隊と持続可能な地域づくり、地域の活性化のために取り組んでいます。

私たちが、紹介できるフィールド!

地域おこし協力隊は総務省の制度で、都市部からの意欲ある人材を受入れ、1年以上3年以下の期間地域で生活しながら、様々な地域活動を行っていただく取り組みです。新発田市では6名の隊員が、農業、茶話会や勉強会の開催、鳥獣害対策など、各地域に合わせた活動をしています。そのペースも内容も、地域によって様々。市と地域と隊員と、相談しながら進めています。地域で生きる人々は、共に同じ輪の中で暮らしていく仲間を求めています。住民と一緒に汗を流し、笑い合い、絆を紡いでいきませんか。来年度の受入れ地域や活動内容、給与や待遇などの詳細は、ブースまでお越しください。またご希望があれば、別日程にて現地をご案内できますので、ご相談ください。

コーディネート団体紹介

団体名:新発田市役所
団体住所:新潟県新発田市中央町3-3-3
URL:http://www.city.shibata.niigata.jp/
担当者:関川 美樹(セキカワ ミキ)