【徳島県】「四国の右下」若者創生協議会

「四国の右下」を知らないでは恥ずかしい!?伝統を支え、地域を支えてみませんか
仕掛け人からのメッセージ

「四国の右下」(徳島県南地域:1市4町)は人口10万人足らずの地域ですが、海山川などの自然環境がコンパクトに集まっていると同時に、徳島県が誇る全国屈指のブロードバンド環境により山奥でも高速通信が可能であり、「四国の右下」ならではの暮らしを求め、若い世代を中心に移住者が増えてきています。 移住のA to Zを相談できる「移住アドバイザー」とともに、地域の魅力あふれる企業が出展しています。ぜひブースに来てください!

仕掛け人の桑田 祐輔です!

徳島県徳島市生まれの徳島市育ち。県外の大学卒業後は徳島県に採用され、最初の赴任地が現在の徳島県・南部地域です。地域振興担当の移住担当として、主に都市部からの学生インターンシップや、担当する1市4町の移住担当者間のネットワークの構築など、それぞれで移住施策を行うのではなく徳島県南部全域で、若者からアクティブシニアまでの移住促進や地方で地域課題解決に挑戦する若者を誘致する体制づくりを進めています。

私たちが、紹介できるフィールド!

「四国の右下」(徳島県南地域:1市4町)には、世界に誇る企業を有する産業地域や海・山・川から提供される資源を活用している企業・職人がたくさんいます。「四国の右下」で、目の前の課題に対して積極的にアイデアを出し自らトライ&エラーを実践できる前向きな方を募集しています。
当地域では、県外から多くの移住者が根付き、新規ビジネスや地域産業の担い手として活躍しています。地元ではないからこそ見つけられ「魅力」や「課題」に多くの移住者がチャレンジしています。
1市4町からよりすぐりの案件をもってきているので、ぜひブースにきて、人・仕事に触れてみてください。

イチオシ案件!

地域と一緒に産業継承・PRを担っていける方募集(阿南市)

対象となる方

「地域の伝統産業の継承・PRに関心がある」、「アウトドアに関心がある」、「人とのつながりを大切に生きたい」

詳細内容

四国最東端に位置し、海・山・川と豊かな自然に囲まれた産業都市・徳島県阿南市。ここには徳島の伝統と地域資源を活用して新しいことにチャレンジしている人・会社がたくさんあります。 
 中でも「西部木工」では、地元産の杉やひのきを使用し、個々の生活パターンや趣味・趣向に対応したオーダーメイド家具の製造をしており、近年は木を藍(JAPANBLUE)で染めてコーティングしたオリジナル鞄の製造に力を入れています。艶やかな濃紺と上品なフォルムの鞄が海外セレブを中心に人気に火がつき、国内での需要も徐々に高まってきています。
 約400年の歴史を持つ徳島の伝統文化「藍染」×地元産の木材で新規商品開発を担当する技術者および販路開拓プロモーションの担当者を募集しています。
 新しいことにチャレンジしたい、都市では得られないものを探している方、ぜひ四国の右下で、右上がりな人生にチャレンジしてみませんか?コンセプトは「VS自分」!!

コーディネート団体紹介

団体名:「四国の右下」若者創生協議

団体住所:徳島県海部郡美波町奥河内字弁才天17-1

URL:http://go-migishita.com/

担当者:桑田祐輔(くわたゆうすけ)